黒にんにくの特徴と成分について

  1. トップページ
  2. 黒にんにくとはどんなもの?

黒にんにくとは

黒にんにくは、普通のにんにくを酵素によって発酵させたもので、真っ黒な色が特徴です。黒にんにくの発酵熟成は、メーカーによって様々。何も加えず、にんにくだけを温度と湿度を管理した部屋で発酵熟成するもの、発酵液や酵母菌に漬け込んで発酵させ、蒸したり、遠赤外線を当て、熟成させるもの。いろいろありますが、どの製法もだいたい1ヶ月~1ヶ月半ほどの時間をかけて黒にんにくを作っています。

黒にんにくの特徴

黒にんにくには生よりも高い栄養素や有効成分を含みます。黒にんにくと生にんにくの比較をしてみましょう。

  • ポリフェノールが生のにんにくより増加する
  • 熟成させることで「S-アリルシステイン」が作られる
  • ニオイが和らぎ気にならない

ポリフェノールが生のにんにくより増加する

ポリフェノールは抗酸化作用の高い成分で、体内での活性酸素を抑え、身体の老化を防ぎます。黒にんにくには、生のにんにくより多いポリフェノールが含まれています。発酵熟成の製法に違いがあるためか、「ポリフェノールが○倍」という部分は、5倍、12倍、38倍など、メーカーによってばらつきがあります。しかし、発酵熟成により、ポリフェノールが生のにんにくより多く存在することは確かです。

熟成させることで「S-アリルシステイン」が作られる

「S-アリルシステイン」とは、生にんにくには存在しない成分です。体内に素早く吸収されるのが特徴で、15~30分ほどで身体の隅々に行き渡ります。抗酸化作用や肝障害予防の他、大注目なのが「抗ガン作用」。ガン細胞の増殖を抑える効果や、ガン予防にも効果があることがわかってきています。

ニオイが和らぎ気にならない

熟成発酵で出来た黒にんにくは、イヤなニオイが和らぐのも嬉しい効果です。ツンとする刺激臭の元が熟成の間に抜けてゆき、にんにく卵黄に使用してもニオイが気になりません。黒にんにくはそのまま食べても美味しく、プルーンのような風味がするそう。発酵熟成によって、まろやかで優しいにんにくに変わっています。

発酵熟成により真っ黒になった黒にんにく。ポリフェノールやS-アリルシステインなど、有効成分は生のにんにくの何倍にも増加し、イヤなニオイは気にならない。にんにく卵黄にこだわりたい人や、より多くの健康効果を期待する人ににおすすめです。

各メーカーのにんにく卵黄を比較

にんにく卵黄サプリメント一覧

にんにくサプリメント一覧

人気ランキングベスト3