にんにく卵黄に対する良くある質問に答えます

  1. トップページ
  2. にんにく卵黄で気になることQ&A

にんにく卵黄で気になることQ&A

にんにく卵黄は、普段の生活の中に気軽に摂り入れられる健康食品。でも、コレステロール値や高血圧などの身体の症状や、服用している薬との関係、妊娠中や小さい子供に飲ませても大丈夫かなど、気になることも多いですよね。にんにく卵黄を飲む上で気になる疑問をまとめて紹介します。

飲むタイミングはいつ?

ズバリ、「食中・食後」がベストです。食べ物と一緒か、その後すぐに飲むことで、ニオイや胃あれの心配がなくなり、身体の中で消化吸収されやすく、よりにんにく卵黄の効果が期待できます。にんにく卵黄は「一日に決められた量を守って飲む」ということを守れば、基本的にいつ飲んでもOKなもの。「朝食の後すぐ」など、ルールを決めて習慣化することで、飲み忘れることなく続けられます。

高コレステロール・高血圧が気になる

「卵はコレステロールが高いので心配」という方もありますが、にんにく卵黄に含まれる成分は善玉コレステロールです。卵のレシチンは悪玉コレステロールを取り除き、にんにくには血行促進や血管の増強、血栓の詰まりを予防する効果も。高コレステロールや高血圧は、血液や血管の悪化と心臓の負担が心配ですが、にんにく卵黄はこれらの症状にも効果があります。

妊娠中に飲んでも大丈夫?

にんにく卵黄は食品由来の成分から作られています。妊娠中は栄養分が不足しがちな上、身体の変化が起こりやすい時期。妊娠中の疲労回復や栄養補給にも飲んで安心なサプリメントです。心配な場合は、かかりつけのお医者さんに相談してみるとよいでしょう。

小さい子供やお年寄りに飲ませても大丈夫?

にんにく卵黄は小さい子供やお年寄りでもOK。幅広く健康づくりに役立てられます。しかし、お腹を壊したり、胃が痛くなる時は量を少なめに。カプセルはお年寄りには飲み込みづらい場合もあるので、注意が必要です。また、小さい子供に飲ませたい場合は、アレルギー症状の元になる成分がないかよく確かめてくださいね。

病院の薬と合わせて飲みたい

にんにく卵黄は食品由来の成分なので安心です。しかし、薬には「飲み合わせ」の問題もあるため、万全を期すために、薬を処方したお医者さんや、薬局の担当者に相談してみるのがおすすめです。

その他、まれに「体臭が強くなる」という人もあります。どんなサプリメントでも、体質にどうしても合わないことはあります。体調に良くない変化が現れた場合は飲むのを止め、無理をしないようにしましょう。

各メーカーのにんにく卵黄を比較

にんにく卵黄サプリメント一覧

にんにくサプリメント一覧

人気ランキングベスト3